チャンスをものにするために

チャンスをものにするために【アフィリエイトマインド】
 このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンスをものにするために【アフィリエイトマインド】

 

『君に1億円あげるから何か事業を起こしてくれ。

 

このチャンスをものにして君が成功すれば10億円あげる。

 

ただし失敗したら1億円の借金を背負ってもらう!

 

 

このようなチャンスが巡ってきたとき、僕たちは果たしてそのチャンスをものにする事が出来るでしょうか?

 

 

ある人は、チャンスをものにするために1億円を10億円にするべく事業を起こします。
またある人は失敗した際の1億円の負債を恐れてその場に踏みとどまる事になります。

 

 

これはそれこそ、その人のマインド次第ですね。

 

 

目の前のチャンスをものにするか、失敗を恐れて行動に移せないか。

 

 

考えてみて下さい。
僕たちはこのようなチャンスの巡り会わせがやってきた際に、実際にどのような判断をくだすのでしょうか?

 

 

今日はマインドですね、アフィリエイトで結果を出すための考え方についてです。
アフィリエイト初心者にしても、すでにアフィエイトを知り尽くしているとしても、多くの人は独学でマインドセットを行っているようですので僕なりの考え方をお話させて頂きたいと思います。

 

アフィリエイトビジネスに対する心理的抵抗

 

 

アフィリエイトを本格的に始める時や、アフィリエイトをこれから続けていくか迷いが生じる時に多くの人はこう考えます。

 

『自分はこのままでいいのだろうか…?本当にうまくいくだろうか…?』、と。

 

 

アフィリエイトである程度成功するとその先には自由な生活が用意されているわけですから、現状を変えるためにアフィリエイトに興味がある。
むしろ始めたい。
でも1歩が踏み出せない。

 

 

もしくはアフィリエイトを始めたはいいが、なかなか結果に繋がらない事で一喜一憂してしまい、このまま続けても時間と労力の無駄にならないだとうかと考えてしまうのですね。

 

 

要は迷いが生じるわけです。

 

 

アフィリエイトがどうしても怪しい商売にしか捉える事が出来なかったり、本当に稼げるのかの確信が持てない瞬間に湧き起こる感情こそが迷いです。

 

 

ただ意外と迷ってる時ほど、あえて難しそうな方を選択するとうまくいく事が多いようです。
難しそうな方というのは、チャンスをものに出来る可能性が高い方の事です。

 

 

例えば人間関係でもそうです。
例えば明日、20人ほどの何らかの集まりに参加しなければならないとします。
誰1人として知らないその集まりにたった1人で参加するのは勇気がいるものです。

 

 

もしかするとアウェーにさえ感じてしまうかもしれません。

 

 

でも勇気を出して参加してみると、うまく立ち回ってる自分を発見出来たりもします。
人脈なんかも拡大する可能性もあるかもしれませんね。

 

 

何かを始める際の1番の心理的抵抗というのは、それをやるかどうかで迷いが生じている瞬間ではないかと思います。
アフィリエイトで言えばアフィリエイトを始める時こそが1番に心理的抵抗が大きい時と言えますね。

 

 

『自分はこのままでいいのだろうか…?本当にうまくいくだろうか…?』

 

 

あと1歩が踏み出せない事で時間だけが過ぎてしまって、今日も日常の下敷きになる。
これではチャンスをものにするどころかこれから先、人生レベルで何も変えられないのかもしれません。

 

 

迷った時は1度やってみる。

 

 

やってみてから考えるというマインドは、自分で自分の成功を阻む思考を捨てる事でもあります。

 

 

 

冒頭でこんなお話をしましたね。

 

『君に1億円あげるから何か事業を起こしてくれ。

 

このチャンスをものにして君が成功すれば10億円あげる。

 

ただし失敗したら1億円の借金を背負ってもらう!

 

 

これは極端な例かもしれませんが、多くの人は失敗(1億円の負債)を恐れて行動が出来ません。
ではこれがアフィリエイトならどうでしょうか?

 

 

アフィリエイトは失敗しても負債はたったの数万円程度です。

 

 

アフィリエイトで自己投資しても稼げない人とは!?でもお話しましたが、僕も10回中9回は失敗しています。

 

 

お金は稼ぐよりも使う方が難しいというお話も過去にしましたね。
多くの人はお金を使う必要の無い時にザブザブ使って、重要な時には出し渋るわけです。

 

 

出すべき時に渋って、出すべきでない時に出しまくるという事ですね。

 

 

 

チャンスをものにする人~チャンスをわし掴みにする人

 

 

どの業界でも、チャンスをものにする人はほんのひと握りと言われます。
スポーツでもビジネスでも、はたまたアーティストや作家、音楽家などどの業界でも言われていますね。

 

 

要は自分をとことん信じ切れる人だけが、そのひと握りの中に滑り込む事が出来るわけです。
そんな事は分かりきっているのにも関わらず、多くの人は挑戦する前から諦めるのです。

 

 

その原因は失敗を恐れるマインドなのかもしれません。

 

 

挑戦しない内から自分の中に眠っている可能性や限界さえも自分で決めてしまうのですね。
これはもったいないですよね?

 

 

僕たちは幼なながらに失敗する事は罪だと学校や社会や親や周りから徹底的に教え込まれてきました。
だからこそ何かに挑戦する際には、先に失敗をした時の事を考えるのかもしれませんね。

 

 

それが原因で、結局手も足も出なくなるといった事が起きます。

 

 

でも考えてばかりでは何も始まりませんし、時には直感で動いてみるとまた新たな自分を発見できたり暮らしや考え方がガラッと変わる事もあります。
動けなくなってから後悔するよりも、動けるうちにチャレンジしておいた方が絶対に後悔する事はありませんし今を謳歌できるのだと、そんな気がしています。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。