このページの先頭へ

作業環境を整えて効率を上げる

 このエントリーをはてなブックマークに追加

作業環境を整えて効率を上げる

 

先日、読者さんからこんな質問を頂きました。

 


橋本さん、お世話になっております。

 

まさかお返事が頂けるとは思っていませんでした。
ありがとうございます。

 

 

最近ブログの更新に疲れてきたのと、本当にただのブログ記事が資産になるのかと疑問が生まれています。

 

考えれば考える程に不安にかられて作業が一向にはかどりません。
本当に収入になるのかと不安です。

 

 

橋本さんの場合、先の見えない状態でどのように作業を進めましたか?
手の空いた時にでもお返事頂けると幸いです。

 

U

 

ただのブログ記事が資産になるのかと不安を抱いてメッセージを頂く事が多いので、ここで僕なりの考えを書いていきますね。
本当にシンプルですが、反応が取れ始めるまではとにかく作業を進めていく事だと思います。

 

 

もしかすると根性論に聞こえるかもしれませんが、ネット上の情報の渦に巻き込まれないように冷静に自分の頭で考えるとどのように作業を行えばいいのかが
あるタイミングで分かるようになります。

 

 

常に冷静に物事を判断する事で、今やるべき事や今必要な物が分かるようになるのですね。
その意味では情報収集に関しては多くの人から情報を集めるのでなくて、信頼のおける1人に絞って聞いた方が良いのかもしれません。

 

 

ちなみに僕の場合はアフィリエイト初心者の頃に、稼いでいる人に何回か質問メールを送った事はありますが、それはシステム上の事(HTML言語だったりシリウスの使い方だったり)だけにしておきました。

 

 

アフィリエイトで稼ぐ情報に関しては、
月収5000万フリーター!というように明らかに嘘丸出しの人達ばかりだったのと、あまり信用できそうな方がいなかったので独学で進めました。

 

(もちろん教材はいくつか買いましたが)

 

 

あとはブログ記事が本当に資産になるのか。
ここですね、これは確かに不安を感じると思います。

 

 

ただ結論から言うと、ブログの記事は本当に資産になります。
僕も初めはただのネット上のただの個人が書いたような記事が本当に資産になるのか不安でしたし、当時は文章能力も底辺でしたから常に疑問と不安でいっぱいでした。

 

 

ただコピーライティングを学んでわりと記事作成に自信が持てるようになってきた頃に、少しずつ反応が取れ始めました。
共感して下さる方が出てきたのですね。

 

 

『橋本さんから買いたいのでアフィリリンクを送って下さい』
このようなメッセージも多く頂けるようになりました。

 

 

その意味では僕の提唱する、興味→共感→行動の中の共感を意識した記事を書くというのは理に適っていたような気がしています。
共感を意識した記事というのは、読者さんに心を開いて自分の言葉で話をするという事です。

 

 

それからは読者さんがどんどん増えていきました。
もうお分かりかと思うのですが意味の無い所でアフィリリンクを貼ったり煽るような記事には価値が生まれませんし、それは資産にもなりません。

 

 

そもそも価値あるブログ記事というのはネット上に半永久的に残ります。
という事は価値ある記事は時間がたっても読まれますし、また新しい読者さんに共感してもらえるわけですから結果的に読者さんが増えていくわけですね。

 

 

つまり価値あるブログ記事は資産になりますし、価値ある記事を量産すれば必然的に読者さんが増え続けるわけです。
ブログを始めて間もない頃はやる気に満ち溢れてますが、大体の人は100記事を達成したりすると燃え尽き症候群なのかブログ更新を辞めます。

 

 

反応が取れない内に辞めてしまうわけです。
これはもったいないですね。
誰もが諦めたそのあと一歩先に見た事もない未来が拡がっていたのかもしれないわけですから。

 

 

作業環境を整える

 

ここまではブログの記事は本当に資産になるという事。
そして価値ある記事を量産する事でブログ自体が一生涯、収入をもたらしてくれる資産になるというお話でしたね。

 

 

ここからはその資産となる記事を作り続けるための作業環境。
集中を切らす事無く、記事1つ1つを確実に資産として仕上げて運営していくために、最適な環境を作り出す重要性についてお話させて頂きたいと思います。

 

 

デスクやチェア、パソコンやマウスや仕事場に関してはそれなりに作業環境を整えると作業効率が多少は上がります。
座るにしても書くにしても勉強するにしても、作業環境に関しては出来ればなるべく疲れない物を選ぶといいと思います。

 

 

それに家庭持ちで書斎的な部屋がない場合、子供やペットがまとわりついてくると集中出来ないはずです。

 

 

また独身の場合でも、自宅ではどうしてもはかどらない時があるものです。
そんな時にはカフェやファミレスにパソコンを持ち込んで作業に集中するとやっぱりはかどります。
アフィリエイト初心者の頃というのは、デスクでの長時間作業を行う事が多いです。

 

 

その長時間作業をフローリングに直に座って、小さな丸テーブルの上で作業を行うようなら30分もしない内に腰や首や脚が疲れます。
僕たちの仕事といのは首から上をフルに使って、0から1、無から有を生み出す仕事です。

 

 

肉体労働のそれとは違って知的労働ですね。
誰からも邪魔されない環境やサクサクと作業を進められる環境を整えるのも仕事の内ですし、多少の投資も必要ではないかと思います。

 

 

 

PS.

 

 

ネット上でたまに、

 

 

『盆も正月も関係ないからとにかく記事を書いて作業しまくれ!』

 

『365日休まず大量作業だ!』

 

 

このように諭す人はいますし、そのブログには書き手と同じような考えの読者さんが集まります。
人によってそれぞれ考え方はあるはずですし、生き方の価値観はそれぞれ違うわけですから、とにかく年中パソコンにかじりつくのも1つのアフィリエイト作業の姿だと思います。

 

 

でも僕の場合は365日とにかく好きな事をやっていたいので、365日休める方法を模索してきました。
どうせアフィリエイトをやるなら最終的には何もしなくとも収入が入って来るように収入の自動化に取り組みたい所ですし、多くの人たちが辿り付きたい場所ではないかと思います。

 

 

365日ずっと働きっぱなしなら、何のために知的労働を選んだのか意味が分からなくなります。

 

 

世の中には働かなくとも収入が入って来る人たち(収入の自動化の仕組みを整えた人達)がたくさんいます。
それなのに僕たち一般人が不労所得のその仕組みを整える事に必死になる姿を見ると、周りの人たちは、

 

 

『アイツはズルい!』

 

『なまけものだ!』

 

 

などと言い放ちます。

 

 

例えば生まれた頃からお金持ちなら、周りの人たちはその人の事を『ああ、あの人なら自由に生きても何も言えないな』と言うのかもしれません。
でもなぜか僕たち一般人が自由を目指すと、周りからは冷たい視線が突き刺さります。

 

 

理不尽ですね。

 

 

ただの一般人こそ死ぬまで働けという風潮が社会にははびこっているわけです。
でも人が生まれた意味というのは、ただ365日24時間死ぬまで働く事とは違うと僕は本気で思っています。

 

 

それも国や会社のトップやそのオーナーを儲けさせるために、たった1度の自分の人生のすべてを仕事に捧げるなんてそれこそどうかしてると思いませんか?
ここで早稲田大学雄弁会での過去の弁論を引用します。

 

 

あるサルの群れを大量に捕獲し、ボス猿も含めて同じ檻の中に閉じ込めていた。
しかし数日後、そのサルたちはほぼ死んでしまったという。

 

 

それは、栄養不足でも疫病でもなく、ただ「ボス猿と狭い檻の中に一緒にいる」という理由によって、である。

 

 

では動物よりも格段に知性が高く、感情も複雑な私たち人間はどうだろうか。
この社会は様々なストレスであふれかえっている。

 

その種類は失業や過労といった社会的な問題に起因するものから、失恋や親しい人の死といった人間関係的な問題など多岐にわたる。

 

 

 

わざわざストレスを感じたくて社会であくせく働いている人はいないと思います。
究極的なマゾヒストなら話は別ですが、多くの人は出来る事ならノンストレスで生きていきたいと考えるはずです。

 

 

大切な人達と飽きるまで一緒にいられて、好きな事だけをずっとやり続けられる環境や生活を求めているはずです。
そのためには経済的に自由になるしか方法が無いような気がしています。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。 有益な情報はもちろん追加プレゼントも随時配布予定ですので、良くお使いになるメールアドレスをご入力ください。ご不要なら1クリックで解除可能です。

TOP プロフィール 問い合わせ 無料プレゼント 人気記事17選 推奨教材