【個人ブランディング】どうか売ってくださいと言わせる方法

【個人ブランディング】どうか売って下さいと言わせる方法
 このエントリーをはてなブックマークに追加

【個人ブランディング】どうか売って下さいと言わせる方法

 

個人ブランディングとは
お客の頭の中の脳内不動産

 

結論からお伝えしますが、個人ブランディングとはその辺の商品やサービスでなくあなた自身を商品にするということです。

 

 

自分自身を商品にするというと難しく感じるかもしれませんが、これはあなたが実際に商品やサービスを売ったり紹介するときを考えればわかりやすいと思います。

 

 

まず下記をご覧ください。

 

 

あなた
「この商品をおすすめします!」

 

お客
「わかりました、今すぐ買います!」

 

 

このようにお客さんがあなたの言葉をなんの疑いもなく受けいれ行動に移す。

 

 

「○○さんが紹介していたので買いました!。」
「○○さんの紹介したものはすべて買うことにしています。」
「○○さんの利益に貢献出来てうれしいです。」

 

 

’’買ってください’’と頭をさげて頼みこむのでなく、’’どうかそれを売ってください’’と言わせる技術。

 

 

これが個人ブランディングの力です。

 

 

究極をいうと、売り込まなくとも売れまくる状態ですね。

 

 

たとえば行列のできる焼きとり屋のように、お客さんがつねに順番待ちしている状態を作りあげればいいというわけです。

 

 

「じゃあいったいどうやって個人ブランディングすればいいの?」ということですが、さっそく見ていきましょう。

 

 

個人ブランディングの時代

 

 

たとえばルイヴィトンやシャネルやプラダやロレックスという物は高級ブランド品として、そしてステータスの象徴として僕たちの頭のなかに存在しています。

 

 

ただのハンドバッグなのにも関わらず30万円や50万円なんてザラですし、デザインはいたって普通の腕時計が300万円や500万円したりもします。

 

 

ところが一部の人々はその高級ブランド品に喜んで大金を支払います。

 

 

一部の人々にとってそれらの高級ブランド品を手にいれることで自分のステータスがレベルアップしたり、まるでセレブや貴族にでもなったような気分になるようなのです。

 

 

高級ブランド品を手に入れたいがために毎日カップラーメンとおにぎりで生活する人がいるように、商品をブランディングすれば一部の人々は大金を支払ってでもその商品を欲しがるようになるのです。

 

 

ある商品にブランディングという魔法を振りかければ単価を引きあげて利益率をたかめることができますし、安売り競争に巻きこまれ消耗しなくてすみます。

 

 

ですのでビジネスを行うのであれば、ブランディングについてはなるべく早めに学んでおくといいかもしれません。

 

 

ところでこの項の冒頭で、ブランド品が僕たちの頭のなかに存在しているとお伝えしましたね?

 

 

あなたという個人の存在がお客さんの頭のなかの不動産、つまりお客の脳内不動産として存在する状態を作り上げることができたら個人ブランディングは成功です。

 

 

簡単にいうと、あなたという個人がお客の頭のなかに不動産としてつねに存在している状態です。

 

 

お客さんの頭のなかに入りこむテクニックとしてはテレビCMが分かりやすいですね。

 

 

たとえばなぜ世界のマクドナルドや宅配ピザなどが定期的に自社CMを巨額の広告費をかけて流し続けるのか?

 

 

それは何度も何度も視聴者の目にふれさせることで、視聴者の潜在意識(無意識)の領域に入りこむことができるからです。

 

 

また、人間は遊びやユーモアが含まれた物ごとを強く記憶する性質があるので、短くキャッチーなメロディを盛りこんだCMは非常に効果的です。

 

 

あなたも知らないあいだにCMの歌をくちずさんでいたことがありませんか?

 

 

それらはすべて企業のブランディング戦略、つまりお客の頭のなかに脳内不動産をつくるという技術なのです。

 

 

ということは企業がとりいれるブランディング戦略を個人におきかえて個人をブランディングすれば、死ぬまでお金を稼ぎつづけることが可能になるというわけなのです。

 

 

「そんな都合よく稼げたらみんな成功してるでしょ!?」と思われたかもしれませんが、確かに努力もせずに誰でも成功できるならいまごろ世のみんながお金持ちです。

 

 

しかしアフィリエイトやネットで稼げない人たちは、個人ブランディングをほぼ理解していないからこそ稼げないのですね。

 

 

企業は規模が大きいぶんブランディングに時間と労力とお金がかかりますが、個人をブランディングするのはちょっぴり時間がかかるくらいです。

 

 

では個人ブランディングの肝となるのはいったいなんなのか?

 

 

それがキャラとストーリーです。

 

 

【個人ブランディング】キャラ立ちしないとムリ

 

 

・毒舌系
・炎上系
・癒し系
・スピリチュアル系
・ゆるふわ系
・頭の固い論理系
・ポジティブ系
・ネガティブ系、などなど

 

 

ネット上にはさまざまなキャラクターのひとたちがブログを書いて稼いでいるわけですが、大きく稼ぐひとというのはキャラ立ちしていることがほとんどです。

 

 

キャラ立ちというのは、独立したキャラクターが確率されていて発言が一貫しているということですね。

 

 

たとえば昨日は毒舌、今日は癒し系、明日は炎上系であさっては頭の固い論理系というように気分や感情に振りまわされることなく、キャラがブレずに一貫しています。

 

 

でも稼いでいるほとんどの人たちは初期の頃からなんどもなんども反応をテストしたり実験したりで、徐々にキャラクターを修正して最終的に現在のキャラに落ちついているのではないかとおもいます。

 

 

稼げない孤独な時期でもあきらめず、一貫してキャラクターをつらぬきながら方向修正する。

 

 

・・・これは本当に精神力が必要だとおもいますし、アフィリエイトやネットで稼ぐのは強靭な精神力の持ち主でなければ挫折しやすいのかもしれません。

 

 

ですのでまずは下記を意識してみるのもいいとおもいます。

 

 

・背伸びをしない
・長期的な視点からキャラクターを設定する
・ありのままの自分を出す(ここが1番難しいかも?)
・ブレずに継続する

 

 

余談ですが以前、超人気アニメキャラをそのままマネして注目を浴びたのに数か月でキャラに煮詰まり、そそくさと撤収したアフィリエイターをみたことがあります。

 

 

新しい自分を演じるのは初めのうちは楽しいかもしれませんが、そのうち本人がそれに飽きてしまい書きたいことが書けなくなる場合があります。

 

 

物書きが文章を書けなくなるのは致命的なので、自分で自分の首をしめないように注意したいところです。

 

 

個人ブランディングを行ううえでキャラクターは非常に重要ですので、慎重にきめるのをおすすめします。

 

 

一番確実なのは、自分らしさをありのまま表現することだと個人的には考えています。

 

 

あとはストーリーですね。

 

 

実は人間は漢字辞書やウィキペディアのように血の通っていない文章に心が動かされず、物語に心が動かされるようにプログラミングされています。

 

 

たとえばあなたも何年もまえに見たドラマや映画や漫画やアニメのワンシーンが、今でも頭に残っているといった経験があるはずです。

 

 

つまり人間の記憶に強烈な影響をあたえるのがストーリーというわけなのです。

 

 

・・・と、個人ブランディングについて非常に長くなってしまいましたので、もしビジネスや個人ブランディングに興味があれば下記もあわせてごらんいただければと思います。

 

 

自分で稼ぐ技術が10日で身につくメールセミナー
※今なら無料&特典付きです。

 

 

期間限定電子書籍2台特典↓
①4つの自由が手にはいる本
②人の壊しかた

 

 

自分で稼ぐ技術が10日で身につくメールセミナー
※今なら無料&特典付きです。

 

 

PS.

 

 

インターネットはテレビやラジオや新聞と同じかそれ以上に影響力のあるメディアですから、個人が大きく成功するには個人ブランディングについて学んでおくのは賢い選択だと思います。

 

 

しかもネットはこれからもどんどん成長していく媒体(メディア)です。

 

 

たまに意味の分からないかぶり物や帽子にマスクにサングラスで、『月収500万円稼ぎました!』などと言っている人を見かけますが、そんな人を信じられるはずがないですよね。

 

 

ちなみに僕ならすぐにページを閉じます 笑。

 

 

稼いでるふりブランディングはもう古いのです。

 

 

ネット上には嘘を真実にみせる不思議な魔力があるので、、その人を信じるべきかを判断する力も養いたいものです。

 

 

ハッキリ言ってネットビジネスは腰掛け程度の覚悟ではまったく稼げないビジネスですので、ビジネスに本気で取りくめないのなら参入しないほうがいいかもしれません。

 

 

でも本格的に4つの自由を手にいれる覚悟があるのであれば、アフィリエイトビジネスにチャレンジしてみる価値はあるとおもいます。

 

 

ちなみに4つの自由とは下記です。

 

 

住む場所の自由
時間の自由
人間関係の自由
経済的自由

 

 

繰り返しますが、個人をブランディングするというのはまずキャラクターを確立するという事です。

 

 

つまりあなた自身がネット上のタレントになるという事です。

 

 

これは芸能活動と同じ意味を持ちます。

 

 

テレビの芸能人とネットの芸能人との違いなのですが、テレビタレントなら雑用やスケジュール管理や自分を客観視できる要素を事務所に委託して自分はキャラクターを演じることに集中できます。

 

 

しかしネットタレントの場合はすべてを自分でプロデュースしていく必要があるのですね。

 

 

時間。
スケジュール。
メンタル。
食事。
ネタ。
思想。
見た目(服装や髪形など)
セールス。
営業。etcetc・・・・。

 

 

人というのは、他人のことはよく分かるのに自分のことはあまりよくわかっていないものです。

 

 

だからこそ誰かを頼りたくなってしまう。

 

 

特にメンタルと思想については自分ひとりでケアしていくのが結構な労力だったりするものです。

 

 

ネットビジネスは孤独で地味な作業の積み重ねなので、誰かの思想に寄りかかっていたほうが楽なのは間違いないのかもしれません。

 

 

でもそうなってしまうと稼ぐことが難しくなっていきます。

 

 

せっかく個人が輝ける時代がきているのに他人の言葉や思想に浸りこみ自分を表現するのが苦しくなってしまうなら、サラリーマン的な毎日繰りかえしの世界にいたほうがよっぽどマシな気がします。

 

 

もちろんメンターを作ってその人から学ぶのも大切です。

 

 

ただどっぷり浸かってしまうのもよくないと思います

 

 

その意味では個人ブランディングとしてありのままの自分を表現していくには、まず自分探しをするしか方法はないのかもしれません。

 

 

あまり取り繕って自分を演じても、のちに苦しくなってしまいますからね。

 

 

表現したいことをキャラクターが邪魔して書きたいことが書けなくなってしまうと、途端につまらない記事しか生めなくなります。

 

 

PPS.

 

 

個人ブランディングについては学ばないより学んだ方が結果が大きく違ってきます。

 

 

というよりも個人ブランディングがうまくいくと、アフィリエイトで稼ぐためのコピーライティングや様々なテクニックが一切不要になります。

 

 

『あなたから買いたいのでリンクを送ってください』

 

『あなたが紹介していたのですぐに買いました』

 

『あなたの利益に貢献できて嬉しいです』

 

『あなたの紹介する商品はすべて買うようにしています』

 

 

このような問い合わせメールがバンバン届くようになります。

 

 

僕の元にもこういったメールが届きます。

 

 

ここまで読んでいただくと分かるように、個人ブランディングを成功させてお客さんの頭のなかに脳内不動産をつくれば売り込みなんて必要なくなりますね?

 

 

究極をいうと、ブログ更新なんて適当な画像を10枚くらい投稿すればいいわけです。

 

 

その究極のテクニックを期間限定で公開しています。

 

 

国や会社に頼らず僕らは自由に生きていく
※今なら無料&特典付きです。

 

 

期間限定電子書籍2台特典↓
①4つの自由が手にはいる本
②人の壊しかた

 

 

ご参加は、「無料だしひとまず読んでおくか」程度で結構です。

 

 

国や会社に頼らず僕らは自由に生きていく

 

 

PPPS.

 

 

個人ブランディング

 

全粒粉を使っていて完全無添加の自家製パン屋さんがあるので通ってるんですが、平日昼間でもいつもお客さん多いです。

 

 

売り方が上手で勉強になります。

 

 

個人ブランディング

 

 

子供が最近人見知りを卒業したらしく、いろんな人に話しかけます。

 

 

心配すぎます。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。