会社に行く義務から解放されて感じる事

 

朝目が覚めてから夜寝るまで、なんの義務もない日々。

 

 

非常ベルのような目覚まし時計は数年まえに捨てましたし、通勤もなければ駅近物件や家賃がやすい郊外に住む必要もなくなりました。

 

 

【自分を縛るすべての物から解放されたい】

 

 

自分にもきっと自由が手にはいると、そう信じてマーケティングやアフィリエイトについて必死に学んできました。

 

 

僕がアフィリエイトを始めて間もないころ、いくつかの夢をA4サイズの紙に夢中で書きだしたことがありました。

 

 

そのなかの1つが、海外旅行しながら収入を発生させ続けること。

 

 

夢は叶う!なんて、そんな漠然とした言葉では表現したくありませんが、1つの夢を現実に出来て良かったと思っています。

 

 

 

 

心が弱いひとは自由が苦しい

 

①住む場所の自由
②時間の自由
③人間関係の自由
④経済的自由

 

 

実はこれら4つの自由を手にいれてしばらくは、日常からすべての義務が消えたことで戸惑う場面がありました。

 

 

平日昼間。

 

 

やることが無いので老人ばかりの温泉に浸かりにもいきましたし、家族で無期限の旅に出かけたり、友人たちと昼間からお酒を飲んだりしたこともありました。

 

 

それでも楽しかったのはつかの間で、いつからか自由に飽きてしまっていました。

 

 

そこで、20代の頃に読んだ本の一説を思いだしたのです。

 

お金をたくさん持つことと幸せは比例しない

 

日常からすべての義務が消えてから初めて、その意味がとてもよく理解できた気がします。

 

 

やはり人が達成感や満足感を感じられる瞬間、つまり幸せを感じられる瞬間と言うのは、
誰かの役に立てた時ではないかと、そう理解したのです。

 

 

それからは僕のことを信じてくださる方たちに、僕がなにか役にたてることがないかと考えるようになりました。

 

 

僕が個別指導(コンサル)活動をさせて頂くきっかけになったのは、それが理由です。

 

出来るか出来ないかじゃなくやるかやらないか

 

今でこそ僕の日常からはすべての義務が消えましたが、そのような自由な生活はあなたにもきっと実現できると信じています。

 

 

できるかできないか?じゃなく、
やるかやらないか?

 

 

行動するか?
行動しないか?

 

 

行動しなければ今日も可能性が0のままですが、行動すれば可能性は0ではなくなります。

 

 

たとえば宝くじなら買わなきゃ当たりませんが、そもそも宝くじは買いに行くまでに事故に合う確率のほうが高いです。

 

 

そんな絵空ごとよりも、正しいビジネス戦略を学ぶ。
これが経済的自由を手にするためにもっとも重要ではないかと思います。

 

チャンスやタイミングは日常に転がってる

 

僕たちの目的はただ1つ。
【国や会社に頼らず自由に生きていくこと】です。

 

 

誰も自分の人生など変えてはくれませんが、ひょんなきっかけやタイミングでみるみる内に人生が変わっていくきっかけは日常に転がっています。

 

 

そのチャンスをものにできるか。
それとも見逃してしまうか。

 

 

どうせならそのチャンスを最大限に活かして、人生を大きく変えたいものですね。

 

 

自分で稼ぐ力が10日で身につく無料メールセミナー

 

13790円相当の特典書籍が今すぐ無料で読めます。
いつまで無料で提供できるかわからないので、興味があればお早めにどうぞ。

 

 

 


※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。
このページの先頭へ戻る