【パナソニック食洗器】NP-TH2徹底レビュー

 

洗濯機&乾燥機で、
洗濯の自動化は完了済み。

 

ルンバ960とブラーバ380で、
床掃除の自動化も完了済み。

 

ならば、次は
食器洗いの自動化に着手しようということで、パナソニック食洗器NP-TH2を買ったのでレビューしますね。

 

食洗器NP-TH2を買ってみた結論から言えば、
「なんでもっとはやく買わなかったんだろう」と、後悔したほどです。

 

 

1ヶ月使用後の使い心地【パナソニック食洗機NP-TH2】

 

実際に、パナソニック食洗機NP-TH2を1ヶ月つかってみた感想を一言でいうと、言葉のとおり、
「生活が変わった」ということ。

 

 

正直なところ、ムダな夫婦喧嘩や家事のイライラで毎日消耗するくらいなら、ちょっぴりお金だして生活のほとんどを自動化したほうがお得だと感じましたね。

 

 

たとえば、お手伝いさんを1人雇って毎月給料を払うよりも、圧倒的に低コストで食器洗いを自動化できますからね。

 

 

人間を雇って給料を月額10万円はらい続けるなんて、一般人ならムリですよね?

 

 

でも、数万円をたった1度支払えば、面倒な食器洗いを自動化できるんです。
本当にいい時代ですね。

 

家族4人にピッタリの大きさ【食洗器NP-TH2】

 

ちなみに、うちのスペックは、家族4人。
子連れで沖縄移住後、賃貸マンション最上階暮らし。

 

(6ヶ月~2年に1度、大規模な引越しをするノマド家族。)

 

大人2人と子供2人の4人家族ですが、NP-TH2は4~5人家族には最適の大きさでした。

 

 

小さすぎず大きすぎないといった具合に、ちょうどいい大きさですね。

 

最大のデメリット【パナソニック食洗機NP-TH2】

 

パナソニック食洗機NP-TH2は、食洗器専用の洗剤を使わないと故障します。

 

もし、普通の食器洗い洗剤をつかった場合は、庫内が泡だらけになり、その泡を洗いながすために給水と排水をムダに繰りかえしてしまい、最終的には故障するんですね。

 

そこで感じた、パナソニック食洗機NP-TH2のデメリット。

 

それは、食洗器専用洗剤じゃなく、普通の食器洗い洗剤が1滴でも庫内にはいると、誤作動を起こして給水&排水を繰りかえしてしまうこと。

 

とはいえ、あらかじめ予洗いすればいいだけの話なので、個人的にはデメリットと感じていないです。

 

カクダイの水道設置方法【パナソニック食洗機NP-TH2】

 

うちのキッチンの水道は、「カクダイHL117-054」。

 

もしあなたの自宅の水道が、「カクダイHL117-054」なら、
NP-TH2に合うカクダイの分岐水栓と、
NP-TH2に合うカクダイ分水孔アダプターを用意してくださいね。

 

そうでないと、NP-TH2が設置できないです。

 

くり返しますが、
カクダイHL117-054にパナソニック食洗器NP-TH2を取り付けるには、以下の「専用分岐水栓」が必要です。

 

NP-TH2に合うカクダイの分岐水栓と、
NP-TH2に合うカクダイ分水孔アダプターを用意しましょう。

 

取付設置工事は、女性でも超簡単にできると思います。

 

NP-TH2にピッタリな食洗器置き台

 

NP-TH2には、以下7つの付属品がついてきます。

 

◆給水ホース
◆排水ホース
◆排水ホース固定用の吸盤
◆設置脚
◆背面カバー
◆取扱説明書
◆食洗機用洗剤サンプル

 

実は、稼働中のNP-TH2はわりと振動します。

 

つまり、安定した場所に置かないと、振動でずれたり地震で倒れるリスクがあるんですね。

 

そこでもし、アルミラック(スチールメタルラック)を食洗器の置台にするなら、
パナソニック食洗器専用置台もそろえると、より安心です。

 

僕も実際に買いましたが、この食洗器置台はNP-TH2にピッタリでした。

 

NP-TH2徹底レビューまとめ

 

水道メーカーがカクダイで、NP-TH2を導入するなら、以下が必要です。

 

パナソニック食洗器専用置台

 

NP-TH2に合うカクダイの分岐水栓

 

NP-TH2に合うカクダイ分水孔アダプター

 

「私は家政婦じゃないんだよ」ですとか、
「なんで自分ばっかり家事しなきゃいけないの?」といったイライラが、とくに家庭もちならありますよね?

 

 

そんな精神的ストレスや、家事をめぐるムダな夫婦喧嘩は、家事の完全自動化でみごとに消滅します。

 

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。
このページの先頭へ戻る